読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

上海旅行記 x 上海游记  〜Thoughts on Shanghai〜

こんにちは

GWでしたね。早速日常に引き戻されて嫌気がさしています。

楽しい事の裏側には辛い事もある。喜びの裏側には悲しみがあるように。

どうにかならないものですかね。

好きな事して生きて行きたいものです。

 

このお休み、相方Bonchiの家族と上海で旅行してきました。

中国には北京と瀋陽には行った事がありましたが上海と言えば中国随一の経済都市。

高層ビルが乱立する東洋一の摩天楼をイメージしていましたが、正にその通り。

f:id:James_Bonchi:20170507215557j:plain

すごいすごい。

 

あっちは前衛的な町並み。その反対側には租界エリアのクラシックな西欧風な町並み。

まず日本ではあり得ない景色でした。都市には歴史が刻まれている。

都市は生き物だと喩えられる事がありますが、本当にその通りですね。

f:id:James_Bonchi:20170507215623j:plain

 

Ritz Carlton に泊まりました。

滅多に泊まれるものではありませんが、せっかくですし、日本に比べるとそこまで高くなかったので贅沢してみました。

ベッドやお風呂、アメニティをみていちいち興奮していました。

高級ホテルは日常になってしまってはなりません。いちいち興奮しないと意味がありませんよね。

f:id:James_Bonchi:20170507215646j:plain

 

小籠包祭りを夢見て上海の地に足を踏み入れた訳ですが、

期待を裏切りませんでした。

まるでそれは風呂上がりの美女のような艶美な姿。一口その皮を破いてみるとそれは黄金色に輝くスープ。マルコポーロもこんな気持ちで黄金の国ジパングを見ていたのでしょうか。

f:id:James_Bonchi:20170507215935j:plain

 

ここまではある意味想像していた旅行の楽しみ方でした。

一度は行ってみた方が良いとこだなと思いました。

みなさんも試しに行ってみてください。

行きは3時間くらいかかったともいましたが、帰りは2時間15分位でつきました。かなり近い印象でしたよ。

中国語できれば良いですけど、日本人も多いですし英語でもなんとかなるかと思います。

治安面でも特に心配いらないような様子だと思います。

 

不便なのはタクシーくらいですかね。法人タクシーでも日本で言う白タクみたいなもんで行き先によって乗車拒否はざらでしたし、メーター通り料金が定まっている感じはなかったですね。でもどうせ日本より安いので、多少ぼったくられるだけって思えればなんて事はないと思います。

 

とりあえず一旦記事をここら辺で締めようとおもいます。

上海楽しかったな。